×Close

入れ歯治療・インプラント

しっかり咬める歯、手に入れませんか?

しっかり咬める歯、手に入れませんか?

歯を失った場合の治療法には入れ歯・ブリッジ・インプラントの3種類があります。南国市の歯医者「高島歯科医院」では治療時の負担が少なく、あらゆる症例に対応できる入れ歯治療をまず初めにおすすめしています。

入れ歯というとすぐにはずれる、咬みごこちがよくない、気づかれやすいといった使いづらい印象がありますが、近年は素材や加工技術が発達し、装着感や審美性が改善されています。補綴治療を検討されている方はぜひご相談ください。

使い心地を考えた「入れ歯治療」

使い心地を考えた「入れ歯治療」

歯を失った時の機能回復の治療法としてもっとも歴史が古く、普及している治療法が「入れ歯」です。

タイプによっては周囲の歯を多少削るといった処置は必要になりますが、残った歯への負担が少なく済むため、患者様への身体的負担が少ないのが特徴です。また、保険適用内で安価に作成でき、日本全国どこでも同じ水準の治療が受けられるというメリットもあります。

しかし、入れ歯は単純につくってはめればいいというものではありません。一人ひとりのお口の状態に合わせ、しっかりとフィットさせるには制作前後の準備や調整、修理が必要です。

入れ歯のこんなお悩みはありませんか?
  • 入れ歯が痛む
  • はめた時に違和感がある
  • はずれたりガタガタ動いたりする
  • 歯の浮きやバネが気になって食事がしにくい
  • 入れ歯が目立って見た目が悪い
  • 顔の輪郭が変わったように感じる
  • はずす時にバネをかける歯に傷がつきそう
  • もっとしっかり咬めるようにしたい

こうした使い勝手の悪さは、たいてい入れ歯が合っていないことが原因で起きています。「入れ歯だから……」とあきらめず、当院の入れ歯外来にご相談ください。きちんとした治療をすればお口にフィットして長く快適に使えるものをつくることができます。

レジン床義歯とはどんなもの?

レジン床義歯とはどんなもの?

歯ぐきに密着する部分をレジン(合成樹脂)でつくった入れ歯のことです。当院では保険診療内のレジン床義歯にも対応しています。自費診療のものと比べ、やや見た目の自然さに欠けますが、低価格で金属アレルギーのリスクも低く、修理もしやすいため気軽にお使いいただけます。

入れ歯は正しくお手入れしましょう

ブラッシングを毎日するように、入れ歯にも毎日のお手入れが必要です。入れ歯の洗浄は「やさしく丁寧に」が鉄則。必ず入れ歯専用のブラシと洗浄剤を使うことをおすすめします。

天然歯用の歯磨き粉を使う方もいますが、研磨剤が素材を傷つけ、そこに汚れや菌がつきやすくなるので、おすすめはしておりません。また、入れ歯は乾燥や熱にも弱いので、使用前に歯科医師から注意事項をよく聞き、できるだけ長く使用できるようにしっかりとメンテナンスしていきましょう。

入れ歯のお手入れ方法

※表は左右にスクロールして確認することができます。

Step1 すすぎ洗い

Step1 すすぎ洗い

入れ歯をはずし、流水でぬめりや食べかすを洗い落とします。

Step2 ブラッシング

Step2 ブラッシング

歯ブラシで入れ歯を磨きます。部分入れ歯のバネ部分は力を入れすぎると変形の原因になるので軽く磨きましょう。

※天然歯用の歯磨き粉は使わないでください。

Step3 洗浄剤

Step3 洗浄剤

入れ歯洗浄剤に30分程度浸けます。汚れがひどい場合は一晩浸けてもかまいません。

※洗浄剤の使用上の注意をよくご覧ください。

Step4 すすぎ洗い

Step4 すすぎ洗い

流水できれいに洗い流して装着します。就寝前の場合は水を張った容器で保管してください。

インプラント治療をご存じですか?

インプラント治療をご存じですか?

失った歯の機能を取り戻す治療として、近年注目されているのが「インプラント治療」です。インプラント(人工歯)を埋め込み、その上にインプラントを被せる方法です。生体親和性の高いチタン製の人工歯根があごの骨にしっかり固定されるため、自分の歯のような咬みごこちが得られるようになります。

入れ歯とインプラントのどちらにするか迷っている方には、双方のメリットと注意点をくわしくご説明し、その方のお口の状態に合わせた治療方法をご提案しています。お使いの入れ歯に不満がある方、もっとよい状態を望まれる方はお気軽にご相談ください。

歯周病・予防歯科についてはこちらから!

診療のご予約・お問い合わせはお気軽にお電話ください